間違えると笑われる-挖墙脚中国で生活・仕事

ポケットフジ / 2020-05-10 / Hit数:

挖墙脚[wā qiáng jiǎo]


waqiangjiao.jpg



「挖墙脚」、それは中国の出席だった毛沢東(もうたくとう)の名言に由来する言葉。原文の一部抜粋。

 

「彼此不挖墙,不在对方内部组织秘密支部

-お互いに相手の足を引っ張るような真似はしない。相手の組織内部で秘密の支部を作らない

 

ここの「挖墙に注目しましょう。「挖」は掘る、「墙脚」は壁の土台。文字通りの意味だと、土台を掘って、壁を崩すという意味ですが、使う場合はほとんど比喩的な方向で、相手の根本的なものを壊すことで、相手を不利な状況に陥れるという意味になります。毛沢東の名言もまさにこれです。他に例をあげると、

 

「他们二个是死对头,总是想着互挖对方的墙脚」

-あの二人はまさに敵同士、いつも相手の足場を崩そうとする。

 

そして、現代社会となると、その本来の意味には少々変化が起きて、企業のヘッドハンティングの行為を指すのが一般的。別の会社の人材をスカウトし、高い給料などの条件を出し、自分の会社に移籍させることを言います。「」(人材を引き抜く)や「挖走」(人材を引き抜いて確保した)などの言い方もあります。以上は最もよく利用される使い方だから、覚えておきましょう。

 

A:「他昨天还坐在办公室的这个位置上的,今天怎么人都不在了。」

B:「你还不知道啊,隔壁公司来挖人把他挖走了。

 -A:「昨日まではオフィスのこの席に座っていたのに、今日葉も来ないのか

-B:「知らないか、隣のあの会社にスカウトされて、あっちに行っちゃったよ

 

「那二个网站经常互相挖对方的墙脚,争取那些有能力的技术人员。

あの二つのサイトの経営者はいつも有能な技術員の奪い合いをやってます。

 

そのほか、相手の恋愛/結婚対象を奪うことも「挖墙と言う。どっちにせよ、それは貶す意味で使われる言葉です。

 

「恋爱中被人挖墙脚了,我要怎么才能守护我的爱情?」

 恋人を奪われた、どうすれば挽回できるの。

 

ご理解いただけたでしょうか。それでは、また会いましょう。

 


    我们的征途是星辰大海。以梦为马,不负韶华。




    3