中国の歴史話-第2回中国の歴史・文化

ポケットフジ / 2020-03-13 / Hit数:

秦は三世あるのに、二世で亡国のはなぜ?



qinsanshi.jpg

 

秦朝经历秦始皇与胡亥,二世而亡,但其实还有一个在位仅仅46天的三世子婴。在这短短的46天,他也扮演了一个重要的角色。

 

秦は始皇帝と胡亥、二世で滅んだと世間に知られているが、実は46日間しか在位していない三世-子嬰が存在する。短い間ですが、歴史的に重要な一役を担っていた。

 

宰相赵高逼死二世胡亥后,立子婴为三世皇帝,并把“皇帝”称号废除,为自己将来篡位做准备。并赋予子婴被秦王之位。

 

宰相趙高は二世胡亥を弑逆し、子嬰を三世皇帝に立てると同時に、「皇帝」の称号を廃止することで、将来の簒位を謀った。そして、子嬰に「秦王」の称号を付与した。

 

子婴也不愿做一个傀儡,于是和那些不满赵高的大臣商议。假装患病后,不去进行祭祀,赵高前来探望,趁此机会子婴派人刺杀了赵高,并整肃朝纲,以图振兴大秦帝国。

 

傀儡扱いをされたくない子嬰は腹心の大臣たちと秘密裏に策を立て、祭りごとで仮病し、見舞いに来た趙高を寝殿へ誘い込み、粛清した。その残党を一網打尽にし、秦を再び振興しようと試みた。

 

当时天下已是大乱,刘邦与项羽已经约定“先入城者先为王”。刘邦军队先行赶到后,将咸阳宫团团围住后,子婴奋力抵抗后失败,投降刘邦并被关押。

 

当時は動乱の最中、二大勢力の劉邦と項羽は「先に秦の首都に攻め込んだものを王とする」と契約を結んだ。子嬰は全力で抵抗したが、劉邦軍に首都咸陽を落城され、自分も牢獄に投じられた。

 

一个月后,项羽率大军赶到了咸阳,刘邦撤离,项羽杀害子婴,并烧了秦王宫殿。一位原本雄心壮志的帝王,最终落幕。

 

一ヶ月後、項羽は咸陽に攻め込み、劉邦が逃走、そして子嬰は殺害され、秦の宮殿も焼き払われた。雄大な志を持ちながら、悲惨な最期を遂げた皇帝。

 

由于其在位时间短暂,加之早早被废弃的皇帝称号,因此一般都称其为秦王子婴而非皇帝。所以一般认为秦二世而亡。

 

彼の在位の短さと皇帝の称号が早々に廃止された故、一般的に三世子嬰のことを皇帝ではなく、「秦王子嬰」と称す。それが原因で、秦は二世で亡国と公認されている。



    我们的征途是星辰大海。以梦为马,不负韶华。




    3