中国の歴史話-第5回中国の歴史・文化

ポケットフジ / 2020-03-20 / Hit数:

中国歴史上、最も長生きする皇帝はだれ?



changshou.jpg

 

黄帝是中国古代封建王朝中权力的至高点,从公元前221年秦始皇建立秦朝以后开始实行皇帝制度,经历数千年历史,一直延续到最后一个封建政权清朝,大约一共出现了400多位皇帝。

 

皇帝は古代中国の封建王朝において、権力の頂点に君臨するもの。紀元前221年、始皇帝が秦を建国し、皇帝制度を開始したから、数千年を経過し、中国最後の封建王朝の清まで、およそ400名の皇帝が歴史の舞台に現れた。

 

谈到寿命最长的皇帝,很多人第一时间想到的会是清朝的乾隆皇帝,他一共活了89岁。但其实不然,中国历史上活得最久的皇帝是,南越武帝赵佗。据记载赵佗从公元前203年继位,到公元前137年去世,竟有103岁左右。

 

最も長生きした皇帝と言えば、普通は清の乾隆を思いつくだろう。確か彼は89年も生きたけど、実はもっと長生きした皇帝がいて、それは「南越武帝」趙佗である。

 

赵佗年轻的时候是秦朝的一个大将军,公元前219年,秦始皇平定南越,赵佗当年是随行的副帅,战争胜利后,赵佗便留在了当

 

若い頃、趙佗は秦の大将として活躍してた。紀元前219年、始皇帝は南越を征服した際、趙佗は副統帥だった。秦が勝利を収めた後、趙佗は当地の管理役に命じられた。

 

秦始皇死后,天下大乱,公元前206年赵佗在建立了以番禺为王都,占地千里的南越国,自称“南越武王”。

 

始皇帝が他界したあと、戦乱の世の中で、紀元前206年趙佗は「番禺」(現在の広東省広州市所轄)を首都とし、千里の地を有する「南越国」を建国し、自称「南越武王」。

 

在治理国家的81年中,他先后臣服于汉高祖刘邦,刘邦死后交恶于吕后并再次独立称帝,吕后死后与汉文帝再次交好,到汉景帝继位时再次称臣,直到汉武帝建元四年,也就是公元137年的时候去世,所以赵佗才是中国历史上活得最久的皇帝

 

王国を治める81年間、趙佗は順に、漢高祖劉邦に臣服して、劉邦死後は皇后呂雉と不仲になり独立し皇帝と自称して、呂雉死後は漢文帝と仲直りして、漢景帝に再び臣下として従う。漢武帝の建元4年(紀元127年)まで、享年103歳でその伝説の一生に幕を閉じた。

 


    我们的征途是星辰大海。以梦为马,不负韶华。




    3