あなたの知らない三国誌その十中国の歴史・文化

ポケットフジ / 2020-04-07 / Hit数:

三国でもっとも情けない武将は誰?


qinyilu.jpg


秦宜禄,原是吕布的手下,虽本人并不出名,但他却有个美若天仙的妻子杜氏,不仅关羽惦记,最后还让曹操据为己有了。

 

秦宜禄(しんぎろく)、元々は呂布の手下で、本人はさほど有名ではないが、妻の杜氏(とし)はずば抜けた美貌の持ち主。英雄として名高い関羽雲長も杜氏にかなり好意を寄せていたが、結局は曹操の側室となった。

 

建安三年,曹操攻打吕布,当时刘备,关羽,张飞投靠在曹操帐下。关羽提出想娶秦宜禄的手下杜氏为妻并获得了曹操的同意。

 

建安三年、曹操は呂布を攻める。当時の劉備三兄弟は曹操の配下だった。関羽は戦いが終わったら、秦宜禄の妻をもらいたいと曹操に願い出て、曹操も許可した。

 

后吕布战败,秦宜禄投降曹操。曹操亲自接见了杜氏后见其姿色过人,便强行将其纳为了自己的侧室。

 

呂布が敗れたあと、秦宜禄は降服。天下の関羽を引きつける杜氏はどんな物なのか、好奇心の元で面会したら、そこまでの美人であると知るや否や、関羽との約束を破り自分の側室にした。

 

在嫁给曹操后因为杜氏受宠的缘故,秦宜禄被任命为县长,在曹操手底下做官。有一天同为曹操手下的张飞痛斥了秦宜禄一顿:人家曹操都给你戴了绿帽,你居然还好意思赖在此地,厚着脸皮求包养。这使秦宜禄倍感尴尬。

 

曹操に嫁いだあと、杜氏はかなり寵愛されていたおかげで、秦宜禄も県長に任命され、曹操の幹部の一員となった。ある日、同僚の張飛に「妻を奪い取った者に仕えるのは骨のないやつ。よくも平気で曹操の下で働くのね。」と叱責され、悔しくなってきた。

 

刘备背叛曹操后,派张飞招降秦宜禄。张飞抓住秦宜禄的弱点,以夺妻之仇怂恿他背叛曹操。秦宜禄脑子一热便跟着张飞出走,但没走多久便开始反悔。张飞见其如此无常,一怒之下将其刺杀。如此秦宜禄也结束了自己窝囊至极的人生。

 

そのあと、劉備は曹操を裏切って、張飛に秦宜禄を篭絡するよう派遣した。秦宜禄の弱みを知っている張飛だから、簡単に秦宜禄を説得したが、優柔不断の彼だからすぐに後悔しまた曹操のとこに戻りたいと言い出した。頭にきた張飛は彼を刺し殺した。これで秦宜禄の情けない一生も幕を閉じた。

 


    我们的征途是星辰大海。以梦为马,不负韶华。




    3